不用品会社について

家庭ごみの処分に不用品会社を利用する時のポイント

>

不用品会社を見極める

違法会社には気をつけろ

不用品回収を行なっている会社に依頼料金を渡し、そのあとはその会社が責任を持って処分してくれることが一連の流れなのですが、その処分方法で山の中に捨ててしまう業者もいるかもしれません。
処理した不用品がゴミ処理場に行くのを渋って、無料で処分したいがために山の中に捨てていくケースがあるそうです。
もし警察などから自分のゴミが捨てられてあったという話が出てきたらきちんと業者に依頼して不用品回収しましたという証拠をしっかりと握っておきましょう。
領収書などを写真で撮り、きちんと証拠を抑えておくのがいい方法です。
またその不用品回収の業者の名前もしっかりと記録しておいたほうがより確実です。
環境破壊の助長を不本意でしてしまうため、タチが悪いものです。

不用品回収に関する法律

その業者、または会社は不用品回収での法律を守ってるかどうか、それも見極めなければなりません。
どんな法律があるのかその一部を紹介します。
廃棄物処理法と言いますが、その許可を得てない業者に一般廃棄物、または不用品を渡してしまったら、我々依頼人にも罰を受ける場合があります。
不本意で罰を受けるケースにはたまったものではないのですが弁護士を通していけばなんとかまぬがれるかもしれませんがそれでもタチが悪いものです。
もし適用されてしまったら5年以下の懲役または1000万円以下の罰金となってしまいます。
そのような事態を防ぐためには、不用品回収の会社にきちんとその許可を持っているのかを確かめてみましょう。
不安を解消するにはやはり直接問い合わせることが一番です。


この記事をシェアする