不用品会社について

家庭ごみの処分に不用品会社を利用する時のポイント

>

個人情報の取り扱いには注意

パソコンの処分にはご用心

パソコンはもはや一家に一台といえるくらい、誰もが持っているでしょう。
インターネットに繋げてネットサーフィンや動画を見てパソコンを使っていることが多いと思います。
しかし、いつかパソコンは老朽化しますし、壊れます。
どうしても処分する必要がありますが、その際には個人情報の扱いに注意が必要です。
もし、パソコンの中に情報を残したまま、不用品回収に出したとしたらどうなるのでしょう。
良心的な会社であればもちろんそんなことはありませんが、用心はしたほうがよいでしょう。
その際にはパソコンの中のHDDを完全に初期化するとよいでしょう。
パソコンの中の情報を初期化するソフトはフリーのものがありますので、それらを探して消去するのがよいでしょう。
またはHDDを物理的にハンマーやドリルで穴を開けて壊すのもよいでしょう。

封筒や郵便物にも注意

家庭ゴミを不用品回収に出すとき、郵便物に貼ってある住所欄や名前をそのままにしていませんか。
誰も見ないと思っているかもしれませんが、ゴミを業者が持っていくときに、途中で見られてしまうこともあります。
また、住所や名前を知られても困らないと思っている人もいるかもしれませんが、たとえば住所や名前と一緒に、そこに下着や個人の恥ずかしいものが一緒に捨てられていたら、非常に困りますね。
そのため、破くかハサミで切るかなどしてしっかり処分しましょう。
また、ゴミ袋の中に、もう一つ何か紙でくるんで、外から見られないようにするのもよいでしょう。
あなたの身を守るためにも、今一度、個人情報の取り扱い方について見直してみましょう。


この記事をシェアする